院長スタッフ

院 長

院長名 : 平田 俊介 (ひらた しゅんすけ)
略 歴 : 木造 生まれ
日本大学歯学部
日本大学研修診療部
日本大学歯科補綴第Ⅱ講座
東京墨田区)鐘ヶ淵歯科 勤務
つがる市)平田歯科診療所 勤務
所属学会: 日本補綴歯科学会
日本スポーツ歯科医学会

インタビュー

1. 歯科医師を目指した理由は?

代々歯科医師の家庭に育ち、歯科医師である祖母と父の仕事を幼少時から見ていて、こんな仕事もあるんだなって幼心に思っていました。
毎日のようにその光景を目にしているうちに、ごく自然に何気なく当たり前のように、歯科医師になりたいって思っている自分がいましたね。
高校に入る頃には、将来は歯科医師になろうって、進路は決めていました。

2. 趣味や特技は?

色々ありますが、ずっと続けているという意味では“剣道”ですね!
小学校から中学、高校、大学とずっと続けてきまして、勿論今も続けています。
僕には双子の兄がいるんですが、同じく剣道をやってまして、小さい時からお互いに切磋琢磨してきました。
様々な大会にエントリーしてきて今に至るんですが、よく聞かれることがあります。

「どっちが強いの!?」

答えは!!!  不明。。。

不思議なことに大会で対戦したことが一度もなく・・・ 
トーナメント表を見ると必ずどこか当たるはずなんですが、どっちかが先に負けてしまって。。 
どっちが強いかは、謎のままにしておこうと思います (笑)

3.研修医時代の思い出は?

先輩歯科医師の皆さんには、よく飲みに連れて行ってもらってました。
そこで毎回のように語り合うことは、“未来の自分はどうあるべきか!”
本当に毎日のように熱く語っていました。 楽しい思い出ですね。
厳しい先輩に揉まれ、可愛がってもらい今の自分がある。
今となっては、思い出と共に感謝の気持ちしかありませんね。

4.思い出に残っている患者さんは?

僕は入れ歯の治療をメインに学んできたんですが、歯科医師としてスタートした頃に入れ歯を作る機会がありまして。
自分で作った入れ歯がしっかりと患者さんのお口の中に入った瞬間は、それはもう感激しましたね!
この患者さんは、僕が作った入れ歯でこの先毎日を過ごすんだな~って、これって凄いことだなと思いましたし、その分責任も喜びもあるじゃないですか。
とにかく感動したことを覚えてますし、色んな症状があって不安を抱えて歯科医院に来てくださる皆さんのために、しっかりとした説明と良い治療を提供していかないとって思いましたね!

5.予防とメンテナンスが重要だとおっしゃってますが

経済的な観点から考えると、歯科医院に定期的に通っている人は生涯医療費が安いと言われていますし、実際にそう行ったデータを目にすることがあります。
お口の中の環境は全身に関係することもわかってきています。
僕は、“一生自分の口から食べる”ということを叶えたいと思っています。
本当は、“一生自分の歯で食べる”が一番良いことなのは間違いありません。
ですが、歯がない状態になってしまった場合は、その方に合った入れ歯やブリッジなどで、食べることに支障がない状態を作ることが僕らの役割だと思っています。
予防やメンテナンスは、一生自分の口から物を食べるために、また、全身疾患への影響を未然に防ぐ効果も期待できますので、是非、定期的に遊びに来る感覚で来院頂ければと思います。

6.地域の皆さんに一言お願いします

当院のモットーは、”お口の健康を通して人生を豊かに”です。
どんな年代の方でもどんな症状であっても気軽に来院していただける歯科医院でありたいと思います。困っている方は出来るだけ良い方法で解決してあげたいという想いがあります。
また、当院が治療やメンテナンスをしっかりと頑張ることで、皆さんが健康で過ごすことが出来、“元気で活気に満ち溢れる地域”になってくれれば本当に嬉しいです。
地域に貢献できる歯科医院を目指して頑張っていきますので、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。